中を確認したくなるからこそ高い宣伝効果が期待できる圧着ハガキ

笑顔の事務員

高いレスポンス率を期待できる広告郵便として圧着ハガキが一番

DM

重要な情報を中に畳み込むような形で封入した圧着ハガキは、その構造ゆえに、広告郵便として使うのにピッタリのメリットを備えています。まず、外側を眺めるだけでは、どんな目的で自分に送られたものか分からない作りなので、普段は広告を完全スルーしている人でも、開いて中を見る可能性が非常に高いです。
更に、開いた用紙の内側を情報提供のスペースとして活用することから、封入時の面積としてはハガキと一緒ですが、実際にはその数倍の面積を情報提供のために使えるわけです。広告が有効に機能するためには、まず、受け取った人が興味を持ち、内容を見ること、次にその人が何らかのレスポンスをするのに必要な量と、内容の情報が提供されていることがカギとなります。圧着ハガキは、この二つの要件を見事に満たしてくれる広告媒体と言えるでしょう。
早速圧着ハガキを作ってみようと思ったら、作成は業者に依頼しましょう。圧着ハガキ作成を手掛けている業者は多いですが、費用やオプションサービス、納期などの情報を複数業者間で比べてみれば、使いやすい業者を特定できるでしょう。特に、宛名印字をオプションとして追加発注可能な業者に依頼すると、とても便利なのでおすすめです。

headline

recommended article